PROFILE
古内東子

1972


1972年11月1日生まれ  東京都出身
テレビから流れる歌謡曲や映画音楽を姉とピアノで弾いた幼少時代を経て、中学生の頃、ビリー・ジョエル、ホール&オーツ、エルトン・ジョンなどの洋楽に目覚める。

1993


アメリカ・コネチカット州の高校に留学し、1年間のホームスティを経験。
帰国後、姉と共同作業でオリジナル曲を作り始める。姉に内緒で送ったデモテープがレコード会社の新人発掘セクションのディレクターの耳にとまり、1993年2月21にシングル「はやくいそいで」でデビュー。その2ヶ月後には1stアルバム『SLOW DOWN』を発売。当時20歳(大学1年生)にして制作されたその1stアルバムで、ハイグレードで都会的なサウンドに、シンプルでいながら深い言葉で恋心を鮮明に綴っていくそのスタイルは既に完成されており、瞬く間にその“フルウチワールド”にふれた人々の心を魅了する。その9ヶ月後、2ndアルバム『Distance』を発売(初期の代表曲「逢いたいから」収録)。様々な試みを加えながらもそのスタイルは洗練され、特に北海道を中心に確実にファンを増やしていく。

1994


3rdアルバム『Hug』発売の94年から古内東子のアルバムへの興味、評判がようやく全国に広がり始める。

1995


翌年95年には4thアルバム『Strength』を発売。全国のCDショップのチャート上位にランクイン。そして、96年に古内東子のシングルヒットとしては最高の売上げを記録した「誰より好きなのに」を収録した5thアルバム『Hourglass』を発売。発売後すぐに全国のCDショップのチャート1位を独占。シングル「誰より好きなのに」のヒットに引っ張られながらロングセラーを記録。

1997


97年発売のアルバム『恋』は、それまでのアルバムの売上記録を大きく上回るダブルプラチナの大ヒットとなり“古内東子”という一人のシンガーソングライターの存在感をゆるぎないものにした。

1998


98年2月14日には、初のベスト・アルバム『TOKO~best selection』を発売。5枚のオリジナルアルバムからよりすぐりの14曲を収めたこのアルバムは、第一期をしめくくるにふさわしいゴージャスな一枚となり、ダブルプラチナを記録。さらに次なる新章を予感させた。
98年8月、7thオリジナルアルバム『魔法の手』を発売。オリコン・アルバムチャートで初登場1位を記録。

1999


99年には2枚のシングル「返事」、「45分」、セルフ・プロデュースによる8thオリジナルアルバム『winter star』を発表。全曲打ち込みによるタイトなサウンドと華麗なコーラス・ワークで新境地を開く。

2000


2000年3月4日~4月16日、待望の全国ツアー(「spring star」全国13都市15公演)。12月には自分の原点である「切なさ」という感情を極限まで見つめた感動的なアルバム「Dark ocean」を発表(9thオリジナルアルバム)。12月、アコースティック・ライブツアー「a secret night」開催。全国6公演。3人の卓越したキーボード奏者をバックに、珠玉のラブソングの数々を披露し、聴衆を魅了した。

2001


2001年秋、ビートルズのカバー曲「IN MY LIFE」、自身のルーツといえる80年代の洋楽曲をカバーしたアルバム「CRAZY FOR YOU」を相次いで発表。

2002


2002年に入り、大きな愛の歌「この手のひら」、恋愛の本質を歌った「恋なんて」という意欲的なシングルを発表。11枚目のオリジナルアルバム「10 stories」リリース。

2003


2003年、東京スカパラダイスオーケストラ・川上つよし氏のプロジェクト、「川上つよしと彼のムードメイカーズ」に参加。レコード会社を移籍し、ニューシングル「サヨナラアイシテタヒト」を11月19日にリリース。

2004


2004年2月、シングル「stay」 リリース。
3月には、札幌・時計台にてアコ-ステックライブを行う。
12thアルバム「フツウのこと」発売。
4月~5月、ツアー「フツウのこと」を全国4ヶ所で開催。
12月、Toko Furuuchi Piano Live「Just the two of us」をスタート。
原宿Blue Jay Wayを拠点に、ピアノ弾き語りライヴを定例化。

2005


2005年5月、定例のピアノ弾き語りライヴの番外編、Toko Furuuchi Piano Live「Just the two of us:LUXE」を品川プリンス ステラボールにて、古内自身のピアノにギター、ベース、パーカッション、ストリングスを加えたスペシャル・アコースティック・ライヴを開催。
6月、ニューシングル「Beautiful Days」リリース。(パンテーン&ゼクシィ Beauty Project CMソング)
7月、名古屋、福岡、大阪のブルーノートにて
Toko Furuuchi Piano Live “Just the two of us”at BlueNoteを開催。

2006


3月、「Cashmere Music Tour2006」にて全国ツアー敢行。
7月、原宿Blue Jay Wayを拠点に定例ピアノ弾き語りライブを開催。
10月、PANTENE(パンテーン)CMソングに「Beatiful Days」が起用され全国でOnAirされる。
京都下鴨神社にてライブ開催。
11月、ビリー・ジョエル トリビュートアルバム「WANNA BE THE PIANO MAN」に参加。

2007


2~3月 「LOVE SONGS」弾き語りツアー開催。
9~11月 「IN LOVE AGAIN」弾き語りツアー開催
新作アルバムレコーディング制作に突入

2008


デビュー15周年にあたる本年、レコード会社移籍第一弾アルバム「IN LOVE AGAIN」リリース。(10月15日)アルバムを引っさげ全国5カ所「IN LOVE AGAIN TOUR 2008」敢行。パンテーンCMソングに「Beautiful Days」が再起用され、全てのシリーズに半年以上に及び流れている。

2009


1月に初のNYライブを「Joe’s Pub」にて敢行。地元のメディアにも多く取り上げられ、好評を得る。2月ケミストリーとのコラボレーション、「A Place for Us」(古内作詞担当)に参加。3月~4月恒例弾き語りツアー「Toko sings Spring」敢行。
10月 KREVAを迎えての初のコラボシングル「A to XYZ/スロウビート」リリース。12月 デイズニーR&Bカバー企画「Mellow Disney-R&B Revisited」に「Reflection」をカバーして参加。

2010


3月 移籍後2ndアルバムとなる「PURPLE」リリース。

2011


2月ニューアルバム「透明」リリース。4月にアルバムを引っさげ国際フォーラムにてライブ敢行。
TOKYO FM「Blue Ocean」銀座美人のテーマソングとして、新曲「コンパス」が起用される。
8月には、初の浜離宮朝日ホールでのワンマンライブ、秋には恒例の弾き語りツアー「The Piano Night」を敢行し、その際初の下関(Billie)でのライブに挑戦している。

2012


20周年イヤーに突入。3月「夢の続き」リリース。
円熟した世界観に多くの支持を得て、大阪/東京にてホール公演を敢行。精力的に弾き語りツアーも敢行し、12月には、初のディナーパーティを札幌にて開催。

2013


20周年ベストアルバム「And then…」リリース。
ゲストに平井堅を迎え「さよならレストラン」を共作。
槇原敬之による「誰より好きなの」2014カバーヴァージョンも収録され、
20周年にふさわしい記念すべき壮大な作品を披露している。
2月には、平井堅さんをスペシャルゲストに迎え、青山ブルーノーとにて初めてのリリースパーティを敢行。8月渋谷公開堂公演敢行。
初のラジオ的プログラム「古内東子の行きつけラジオ」をYouTubeにてスタート。

2014


春に弾き語りツアー敢行。秋には国際フォーラム公演を果たす。

2015


弾き語りツアー、札幌ジャズフェスティバル、三井ホール2daysを敢行。次作のアルバム制作に突入。